草刈りをしないと高齢者の人にいろいろな被害が起きます

雑草によって庭の環境は悪くなってしまう

雑草は刈っても何度も生えてくるためきりがありません。中には面倒と思い放置する人がいますが、定期的に草刈りを行なわいと、様々な問題が発生するのです。雑草を除去しないと次のような問題が発生します。

主な影響

ガーデニングに影響する
雑草の成長が速いのは、土や水に含まれる栄養分を吸収する力が強力だからです。もしガーデニングをしていれば、その花や野菜に与えた水や肥料の栄養分を雑草に取られてしまうのです。草刈りをしないと、花や野菜は栄養が足りずに枯れてしまい逆に雑草は成長します。雑草が大きく伸びると、影ができて植物に太陽の光が当たらなくなります。光合成ができずに、日照不足のせいで成長できません。ガーデニングをしている人は、常に雑草がない状態にしないといけません。
虫の温床を作ってしまう
雑草が成長すると、そこに大量の害虫が生息してしまいます。周りに見つかる危険はなく、害虫にとって最適な環境です。雑草や他の植物を餌として、増殖する可能性が高いです。夏の時期になると、蚊が大量発生してしまい刺されてしまうという被害が発生します。害虫が大量に住み着くと、今度は害虫を餌とする小動物が生息してしまいます。ネズミやムカデが生息するようになり、庭だけでなく家の中に入り込んでくるので気をつけてください。

空き巣に狙われてしまうことも!

庭の手入れ具合によっては狙われてしまう

草刈をせずに荒れている庭は、空き巣に侵入しやすい家だと思われます。手入れをしていないのは、仕事で家を離れていると判断して侵入する空き巣が多いです。高齢者の人が住んでいれば、より簡単に犯行がしやすくなるため狙われる可能性があるので注意してください。伸びた雑草は空き巣犯を隠すことができ、周りに気づかれない場合があります。

TOPボタン